2018年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2018.01.09 (Tue)

『語彙大富豪』レビュー

販売:無料公開(紙ペンゲームです)
作者:U
3~6人向け、約10分
語彙大富豪 公式紹介

重厚大型:☆☆☆☆★:遊び易い
幸運頼み:☆☆★☆☆:戦略判断
独立気楽:☆☆☆☆★:絡み合い
安価素朴:★☆☆☆☆:高級豪華

総評:
「前の言葉(概念)に勝てる言葉(概念)を出していく」という突拍子もないゲーム。
一応手札を出し切れば勝ちだが、勝ち負けを抜きにして
毎回意味不明なバトルが巻き起こるため笑ってしまう。(5000兆円vsストロングゼロ、など)
ゲームの楽しさの核としては、そういったカオスさと、そこへ各自の見解を述べる議論部分だろう。
そういう意味では非常にコンパクトにまとめられた議論生成装置、ないし
ストーリーテリング装置と言える。バトルの行方を考えるだけの単純明快さが良い。

毎回紙とペンを用意する手間はあるものの、それ故に自由度は無限大で、
常に流行の最新概念を取り込んで遊ぶことが出来るためいくらでも遊べる。
また、元々の大富豪にあった革命ルールを上手く活かしており、
例えばこういった自由発表ゲームでネタ被りは本来しらけてしまうシーンだが、
このゲームでは革命が起きるため逆に盛り上がる。
あえて他の人が書きそうな内容を紙に書いて、革命を狙いに行くというのも手だ。
(自由度高すぎるから狙って被せるのも不可能に近いけど)

ここがスゴイ:
・極小の議論白熱装置
・ネタ被りを逆にイベント化する天才的発想

ここがアカン:
・かなり身内向けの遊び。初対面同士だと互いの知識ゾーンが分からず盛り上がりにくい
・最初のスタートプレイヤーが明らか有利(無条件で手札1枚減らせるので)
10:42  |  ゲームレビュー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.12.08 (Fri)

『相場操縦』レビュー

販売:よっぱ
作者:よっぱ
3~6人向け、約25分
相場操縦 公式紹介

重厚大型:☆☆☆☆★:遊び易い
幸運頼み:☆☆★☆☆:戦略判断
独立気楽:☆☆☆★☆:絡み合い
安価素朴:☆☆★☆☆:高級豪華

総評:
自分の担当業種が一番価値が上がるように操作する正体隠匿。アンダーカバー系。
各業種とも1~4が2枚ずつ計8枚あり、毎ラウンド各1枚出て来る(つまり8ラウンドで終わり)。
親番が各業種のタイルを自分だけ見て、1枚捨てて任意の縦列で配置した後、
他のプレイヤーは①縦列の並びを入れ替え(押出方式)、②損益分岐線を移動、のどちらかを行う。
ゲーム進行は非常にシンプル。
このゲームの一番の特徴は損益分岐線(紐)だろう。
単純にその線の下にあるタイルは0点扱いになるというシンプルなものだが、
棒状にしてしまうと箱に入り切らないし、横から矢印だけで示すのも直感的ではない。
紐であれば小さく折りたたんで箱に入る!これはコンポーネントの知恵である。

プレイ人数に応じた数だけ業種を使う、つまり必ず誰かがいずれかの業種であり、
アンダーカバーと違ってNPCに該当する担当色はない。
ここに関して「NPCカラーも混ぜた方がいいのでは?」という声もあったが、
正体が読みにくくなってしまうので、ライトゲーマー向けとしては現状でいいように思う。
(3人プレイの時だけあまりに分かりすぎるので、足した方がいいかもしれない)
→追記:ヴァリアントルールで、NPC追加ルールがあるようです。

ここがスゴイ:
・損益分岐線の上げ下げによりダイナミックに状況が変わるのが良い
・タイルがずれて並んでいく様子は見た目に面白い

ここがアカン:
・簡単な内容のはずなのに説明書が絶妙に分かりにくい(表記順序がおかしい)。
・箱がほとんどただの黒い箱なのでシンプルが過ぎる。一応タイトル箔押しではあるが…
10:54  |  ゲームレビュー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.14 (Mon)

『ナショナルエコノミー・メセナ』レビュー

販売:スパ帝国
作者:スパ帝
1~4人向け、約30分
ナショナルエコノミー・メセナ 公式紹介

重厚大型:☆☆☆★☆:遊び易い
幸運頼み:☆☆★☆☆:戦略判断
独立気楽:☆☆☆★☆:絡み合い
安価素朴:☆☆☆★☆:高級豪華

総評:
前作「ナショナルエコノミー」からの続編。
続編といっても基幹システムが共通なだけで、独立拡張として単体で遊べる。
(前作のカードと混ぜて遊ぼうと思えば遊べるが、推奨はされていない)

いわゆるワーカープレイスメントゲームで、自分のワーカーを全員共有の中央の職場へ
早い者勝ちで派遣していき、お金や資源を稼いで、さらに手持ちのワーカーや施設を増やして…
といった拡大再生産を楽しむ。経営者として短時間でPDCAサイクルをぐるぐる回せるのだ。

ナショナルエコノミーシリーズの特徴としては、世界に出回るお金に最初上限があることだろう。
(一般的なワーカープレイスでは獲得リソースに上限はない)
作中で『家計』と呼ばれてるためそのまま使うが、例えば家計に10$しかない状態で、
「12$得る」というアクションは実行できない。「8$得る」なら実行できる。
どうにかして家計を増やさないことには、そもそも世の中に出回るお金が増えないのだ。
家計を増やす方法は唯一、「自分の施設を売却した」時だけである。
この時は家計からお金を得るのではなく、外世界からお金を得る(※上限はない)。
さながら、国内に出回る資金を、外貨獲得によって拡張するような話である。
このことからナショナルエコノミーは「ミニマム経済を抽象化したゲーム」と言われる。

ではメセナになってさらに何が変わったかと言うと、勝利点トークンと外部参照要素が増えた。
外部参照要素とは「~する。◯◯があればさらに~する」といった強化条件である。
これにより何を残し何を捨てるかという取捨選択がより迫られるようになり、
かつ「今何が引きたいか」も定まるためドローに力が入りやすくなった。
勝利点トークンは持っているとゲーム終了時に加点されるというよくある要素だが、
「基本1枚1点、3枚ある場合まとめて10点扱い」、という増え方がピーキーで、
これも何とかして綺麗に3枚セットを作りたくなってしまう。
「こうしよう(こうしたい)」の心理誘導がうまいゲームだという印象がある。

レビューとは別で、数回プレイしてみたゲーム感に関するコメント:
とにかく建物の価値が高いゲームなので、毎ラウンドどうにかして「何かを建てる」が重要。
そのためには共有場の大工とは別に、自分専用の建設アクションをキープしておきたい。
(いくら資材が潤沢にあっても、他プレイヤーに大工を先に取られては何も建てられない)
特に優秀なのが「宮大工」で、低コストで建てやすく、アクションで勝利点トークンも付いてくるため、
これを回してるだけでかなりの強ムーブ。勝利点トークン参照の大聖堂に繋げられれば勝ったも同然や!


ここがスゴイ:
・カードだけで遊べるコンパクトなワーカープレイス。効果も1~2行レベルで遊びやすい。
・どういった方針で自分の資産を拡大するか、濃密な計画&実行が味わえる。

ここがアカン:
・建物の建設コストには開きがあり、やはり序盤に引きたいカード・後半に引きたいカード、
 つまり引き運に左右される面がどうしてもある。
・お金の出し入れがかなり頻繁で、「今家計にいくらある?」とかの確認が都度入ったりで面倒。
 ここの処理に関しては明らかにデジタルの方が向いてる
14:12  |  ゲームレビュー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.21 (Tue)

『ザ・ゲーム』レビュー

販売:Nurnberger-Spielkarten-Verlag
作者:Steffen Benndorf
1~5人向け、約20分
ザ・ゲーム 日本語版紹介

重厚大型:☆☆☆☆★:遊び易い
幸運頼み:☆☆★☆☆:戦略判断
独立気楽:☆☆☆★☆:絡み合い
安価素朴:☆☆★☆☆:高級豪華

総評:
2~99までのカードが1枚ずつ、計98枚あるので
これを昇順か降順の規則に従って全部出し切りましょう、という
ルールだけ聞くと「え?それ面白いの?」と思ってしまうくらいシンプルなゲーム。
「1より大きい数を出していけ」という場が2箇所、
「100より小さい数を出していけ」という場が2箇所で計4箇所の場が存在する。

ひたすら上げるor下げるしか出来なければ「そんなもんカードの引き運やん!」と
なってしまうとこだが、ちょうど10離れてる場合、巻き戻る特殊プレイが出来る。
(例えば、2→17→25と出しても、15があれば25→15と出せる)
自分の手番中は望むなら手札を使い切るまでプレイしてもいいので、
ちょうど10離れてる手札がいい感じで手札に溜まると、
ちょっとしたコンボみたいなことが出来て爽快である。
(80→89と来てしまっても、上手く繋がれば89→79→69→59…と一気に戻れる!)

とはいえこれは協力ゲーム。いくら自分の手札がいい感じに温まっていても、
他のプレイヤーのカード次第では計画が崩壊しかねない。
なので、「ここにはカード出さないで!」や「ここにカード出してもいいけど少しにして!」等の
連携は必須である。このゲームの醍醐味はこのコミュニケーション部分と言っても良く、
「ちょっと増えちゃうけどいいかな…?」「うーん、ちょっとやったらええで」
と言って出されたカードが予想外に大きな数字で、「ちょっとちゃうやん!!!」と
互いにギャーギャー言い合いながら遊べば、勝敗を抜きにしても盛り上がる。

ここがスゴイ:
・ものすごく単純な数並べゲームなのに会話が活発化される
・巻き戻しのコンボがハマると超爽快

ここがアカン:
・引き次第ではどうしようもない時はどうしようもない。しかしそれを過剰に責める
 プレイヤーがいると雰囲気が悪くなるので、勝ちに拘り過ぎる面子では不向き
19:19  |  ゲームレビュー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.23 (Mon)

『マルコポーロの足跡』レビュー

販売:ハンス・イム・グリュック社
作者:ダニエレ・タシーニ&シモーネ・ルチアーニ
2~4人向け、約120分
マルコポーロの足跡 公式

重厚大型:☆☆★☆☆:遊び易い
幸運頼み:☆☆☆★☆:戦略判断
独立気楽:☆☆★☆☆:絡み合い
安価素朴:☆☆☆☆★:高級豪華

総評:
ミープル駒の代わりにダイスを置くようになったワーカープレイスメント。
いわゆるダイスプレイスメント。最近いろんな所で見るようになった。
目的は単純で、各プレイヤーはシルクロード時代の偉人となって旅行しましょうというもの。

得点手段は、最終目的地である北京に辿り着くとか、目的地カード(チケライみたいなもん)を
達成するだとか、契約タイルを達成するだとか、色々。
わからなければとりあえず北京を目指せばいい、っていうのは簡単で助かる。

途中途中立ち寄った街には自分の商館を置くことが出来て、次から町ごとの能力が
使えるようになる。ここは拡大再生産要素。
なので、如何に手早く基盤を整えてブーストするか、計画運用が大事。

とまぁこの辺りまでは割りとオーソドックスな、昔からある作り。
最大の特徴は、最初各プレイヤーに配られるキャラクターの能力が軒並み強いこと。
常にダイスが1個多いだとか、ワープ移動していいだとか、いきなり北京(!!)から始まるだとか。
最初説明聞くと「え?大丈夫なのそれ?」と困惑するが、
やってみるとちゃんとバランスが取れていて再び驚くというw
バランス調整すごい頑張ったんでしょうねー。

ここがスゴイ:
・ダイスをジャラジャラ振りながら一喜一憂出来るし、負けてもダイスのせいに出来る。
・先にアクションを取られても、追加費用を払えば実行できるため、そこまでギスギスした
 置きあいにはならない。
・キャラごとの能力が非常に個性的なため、自分はもちろん、他人の動き方も見てて飽きない。

ここがアカン:
・キャラクター別の強さはバランスが取れているものの、やはり使い勝手に差があり、
 場当たり的なプレイでも何とかなるキャラもいれば、最序盤から緻密な計算を要求される
 キャラもいたりで、その辺りで事故の要因を孕む。
(かといって、キャラごとに「このキャラは初心者にもお勧めです」と公式に明示すると、
 それはそれで賛否両論になってしまうので難しいのだが)
・小刻みに移動するより一気に移動した方が費用効率が良くなるのだが、一気に移動しようとすると、
 移動アクションの費用+移動ルートの費用(+先置きされてれば追加費用)で
 それをお金とラクダそれぞれ数える必要があるため、ごっちゃになって計算ミスが起きやすい。
12:29  |  ゲームレビュー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT