2013年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2013.11.11 (Mon)

とりあえずゲーム案

前回の続きでトリックテイキングゲーム案。

1トリックの中で勝ち負けを決めるためには何らかの条件判定が必要になる訳ですが
やはりここはオーソドックスに数字の大小で決着する方式にしようと思います。
数字の範囲は1~9にしました。
深い意味はありません。一桁で揃えた方が綺麗かなと思っただけです。

まず得点札が1~5で四色あり、計20枚です。
これを取り合って一番得点を集めた人が勝ちといういつもの話ですね。
色は赤・青・緑の3色に、オールマイティとしての白で四色とします。
得点は色ごとに分けて重ねて置き、一番上のものしか有効ではありません
オールマイティは獲得した際に、プレイヤーが色を宣言してその場所に置けます。
この得点はタップ(札が横倒し)状態では逆にマイナス点になります。
※タップに関しては後述

得点札をシャッフルして裏向きに置き、得点札の山札を作ります。
1回のトリックごとに得点札をプレイ人数と同じだけ場に出します。
そして数字の大きい順に並べ、同じ数字は重ねます(色が見える程度にはズラしてください)
トリックで上位だったプレイヤーから順に大きい数字の得点札を取ります。
このため得点札に重複が出たケースでは、下位プレイヤーは札を取れないかもしれません。
ただし、トリック中に引き分けたプレイヤーは得点札の取得権がありません
なので、順位としては下位でもおこぼれに預かれる可能性はあります。
また、前述の得点がマイナス状態であっても「数字の大きい順」は変わらないため(絶対値だね)
必ずしも得点札を取る事が良い事とは限りません。
23:50  |  ボードゲーム  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |