2015年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2015.10.22 (Thu)

2015秋新作「タロットストーリア」のご紹介

完売御礼 頒布終了しました!

新鋭サークル『ぐうのね』との感動的コラボレーション!
タロリア箱タロリア箱裏タロットストーリアプレイ風景

タイトル:タロットストーリア (BGG:Tarot Storia
ジャンル:ソリティア
要点  :1~2人向け、10分、8歳以上向け
内容物 :ゲームカード22枚、スコアカード2枚、説明書
頒布時期:2015/11/22 ゲームマーケット秋以降を予定
頒布価格:1500円予定
イラスト:ことり寧子(ぐうのね)
※英語ルールあり(English rule is included.)
 説明書PDFはぐうのねさんのサイトからダウンロード可能です


ご予約に関して
予約方法はトップページをご確認ください。(ゲームマーケットのみ対応致します)
イベント以外での購入方法に関して
ショップ委託の詳細はこちらをご確認ください。

《ストーリー》
「わしを満足させる話が出来た者には褒美を取らせる」
変わり者の王様は国中にお触れを出しました。
あなたはそれを聞きつけた名うての吟遊詩人。
古今東西のお伽話を巧みに織り交ぜ、王様を魅了しましょう。

《概要》
2枚の手札の内どちらかを出す、の繰り返しが基本的な流れになります。
カードを全て出しきった時ゲームが終わり、採点に移ります。
番号の低いカードを出来るだけ始まり(左側)に、番号の大きいカードは結末(右側)に配置しましょう。
また、同じ色のカードをつなげるほど王様は関心を示します。
1周目が終わると王様からアンコールが入り、2周目を終えると最終スコアが出ます。

《カードの見方》
タロットストーリアカード説明①カードの名前です。
②カードの番号および色です。
③色のシンボルです。色は赤、青、黄、黒の4色あります。
 赤は炎、青は鳥、黄は花、黒は仮面がシンボルになっています。
④カードの日本語名および、カードの色に該当する番号の一覧です。
(画像をクリックで拡大)


《カードの配置方法》
タロットストーリア置き方・カードの縦方向を1つのと数えます。
・隣の列のカードとは縦に半分ずらして置きます。
・1つの列に置けるカードの枚数は4枚が上限です。
・横方向は何列になっても構いません。
・既に出ているカードと接する位置にのみカードを出すことが出来ます。
 (※カードがまだ出ていない時はこの条件を無視します)
 例えば左図のようにカードが置かれている場合、新たにカードが置ける位置は、
 点線で表した8箇所となります。

《ゲーム手順(1人モード)》
ゲームカードを裏向きでよく混ぜ、山札を作ります。初期手札として山札から1枚引いてください。
その後、以下①~②の手順を、手札を出しきるまで繰り返します。
①山札からカードを1枚引く。(※山札が尽きている場合は引けない
②下記2つの内どちらかを行う。
・配置:手札からカードを1枚選び、任意の位置に出す。
・交換:既に配置されているカード1枚と手札1枚を入れ替える。
 (※山札が尽きている場合は交換できない
もし、交換を行った場合は、次の手順②では通常の代わりに配置を2回行う。

手札を全て出しきった時に繰り返し手順が終了し、採点に移ります(採点方法は後述)。
スコアカードで得点を記録してください。
ここで0点以下の場合はゲームオーバーです。1点以上ならアンコールが入ります。
配置したカードの中から任意の1つの列を残し、それ以外を回収します(下図参照)。
回収したカードをよく混ぜ、新たな山札とします。そして、同様のゲームをもう1度行います。
タロットストーリア列残し
残した1つの列は次のゲーム開始時点で、既に配置されているカードとなります。
もし、残した列に裏向きのカードがある場合、ゲームから除外します。
(除外したカードはいつでも確認可能です)
除外したことで隙間が出来る場合は間を詰めてください。
こうして、ゲームを計2周した後の最終的な得点が最終スコアとなります。

《採点方法》
①1列目(一番左の列)から最終列手前まで順番に、各カードを基点として、
隣接している右のカードに基点より小さな番号があれば、基点のカードを裏向きにします。
タロットストーリアルール1
②1列目の各カードから、隣接している右列のカードへ進み、
最終列のカードまで辿り着くことが出来る道のりをルートとします。
裏向きのカードはルートに出来ません。ルートに出来なかったカードを全て裏向きにします。
タロットストーリアルール2
③以下の合計が得点になります。
・各色ごとに、連続で接している箇所のうち最大枚数×1点
・裏向きのカード1枚につき-1点
・1つの列のうち空いてる隙間1つにつき-1点
タロットストーリア採点 左の例では、
 ・赤連続4枚=4
 ・青連続3枚=3
 ・黄連続2枚=2
 ・黒連続2枚=2
 ・裏向き5枚=-5
 ・隙間1ケ=-1
 で計5点となります。
【最終スコア目安】
10点未満:出なおしてまいれ
10~19点:…もう終わりなのか?
20~29点:まだ本気では無いのだろう?
30~39点:なかなかやるではないか
40点以上:お主こそ国一番の語り部じゃ!

《ゲーム手順(2人モード:デュエット)》
1人モードと基本的な流れは同じです。2人で協力して1つの場にカードを配置していき、
高得点を目指します。
各自1枚ずつ初期手札を山札から引きます。
適当な方法で先手・後手を決め、①~②の手順を交互に行います。
2人とも手札を出しきった時に繰り返し手順を終えます。
カードの交換を行った場合、次に配置を2回行うのは、交換を行ったプレイヤーになります。
2人モードの時は、1つの列に置けるカードの上限枚数が3枚になります。

※2人モードの相談ルール
・相手に手札を見せたり、内容を教えてはいけません。
・何のカードを出すかは各自の判断で決めてください。
 但し、出すカードを決めた後、それを見せた上でどこに置くかは改めて相談しても構いません。
 一度見せてしまったカードはもう変更できません。

2人モードのスコアは、2人の相性を暗示します。
【最終スコア目安】
5点未満:完全に他人
5~14点:挨拶する程度の知り合い
15~24点:一緒に遊ぶ友達
25~34点:将来の夢を語り合う仲
35点以上:前世から続く運命の相手

《備考》
・出来上がったルートを見て物語を想像するのも良いでしょう。
・通常のタロットカードとして扱って、占いを行うことも出来ます。
・カードサイズはTCGサイズ(63×89mm)です。
21:16  |  『タロットストーリア』  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |