2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.11.08 (Wed)

ゲームマーケット2017秋・注目作ピックアップ

ゲームマーケット2017秋(12月2日~3日開催)で
個人的に注目しているゲームをピックアップしていきます。
ブース配置情報はこちらを御覧ください。→ホールマップ
ゲームの情報が増えるにつれて随時更新していくかもしれません。

~紹介作一覧~
1.【両日-B073】ダウトレイジ
2.【両日-C013】MIRARIS
3.【両日-C020】SimNovel
4.【両日-C043】ハンザの女王
5.【1日目-F005】卓上ヘボコン
6.【1日目-F012】リトルタウンビルダーズ
7.【1日目-F014】Dr.野口っち
8.【1日目-G085】狼少年Ⅱ
9.【1日目-H017】勇ヒノ!
10.【両日-B099】エイジオブディサイプル 11.16追記


1.ダウトレイジ
・3~5人用、30~60分 予約対応あり
【両日-B073】river games 公式紹介
一人勝ちも狙えるタイプの正体隠匿陣営戦。詳細な手番の進み方は分からないが、
恐らくマスカレイドみたく、10種類のカードのどれかひとつを宣言しつつ、
裏向きにカードを出していく方式か。一通り効果を覚えるまではサマリーと睨めっこだろう。
覚えてからが本番。ブラフと陣営要素、裏切り要素が上手くミックスされている。

2.MIRARIS
・3~6人用、10~20分 予約対応あり
【両日-C013】DOMINA GAMES 公式紹介
前作Argoatから続く探索型のゲーム。(ここのゲームは広く言えば全て探索系か…)
詳細は分からないが、マス目が割り当てられたハゲタカのえじきか。
基幹部分は手堅いと思うので、圧倒的なビジュアル面が揃って安定した魅力を持つ。

3.SimNovel
・2~4人用、20~40分 予約対応あり
【両日-C020】ManifestDestiny 公式紹介
どこかで見たような(笑)キャラ達に勝手に相関図を置いていくゲーム。
相関図を作るゲームはこれまでにも何種かあったように思うが、
アニメ好きにはこちらの方がより刺さるだろう。点数計算は複雑そうだが、
勝敗はオマケといって差し支えないタイプのゲームに見える。

4.ハンザの女王
・2~4人用、30~45分 予約対応あり
【両日-C043】ゆるあ~と 公式紹介
貴重なおっさんゲーム枠。マジョリティ競争とセットコレクションといった
ガチゲー要素を背景にしつつも、2枚から1枚選ぶラブレター方式の簡単アクションで
ライトユーザーも入りやすく。ついたてや裏向きカードで程よく非公開情報が入り
最後までモチベーションを保ったまま楽しめる良ゲーの予感。

5.卓上ヘボコン
・2~4人用、20~40分
【1日目-F005】ペンとサイコロ 公式紹介
まずはパッチワーク方式でタイルを集め(※この時は取るだけ。配置は後で行う)、
次にリアルタイムでタイルを配置するという斬新な作り。さらに最後は
組んだタイルの内容(プログラム)に従ってロボ駒の押し出し相撲で追加得点。
ルールもコンポーネントも充実してて、とっても贅沢な作りです!

6.リトルタウンビルダーズ
・2~4人用、30~60分 予約対応あり
【1日目-F012】Studio GG 公式紹介
ボード上にタイルを置いて街を作りつつ、ワーカーを置いて効果を得る拡大再生産。
ワーカープレイス型のゲームだが、置いた時の効果が徐々に発展・変化する様子が
流麗に取り込まれており、何度でも遊べる奥深さを発揮している。

7.Dr.野口っち
・2~4人用、25~40分 予約対応あり
【1日目-F014】るりるりゲームズ 公式紹介
顕微鏡を模した筒型のコンポーネントが光る。恐らくパターンを一旦暗記して
いち早く組合せを宣言するゲームだと思う。だいぶメモリーゲーに見える。
とはいえ雰囲気を味わうゲームだろう。白衣着て遊ぶと盛り上がりそう。

8.狼少年Ⅱ
・3~4人用、20~25分
【1日目-G085】アルハラシステムズ 公式紹介
地形カードがとてもお洒落。ゲーム自体はカードで移動するミニマムなマンカラ。
得点化したいカードを手札に多く抱えたいが、そうするとマジョリティが取れない
ジレンマ構造で、ガードレールが上手くできてる。
ライト向けにしては処理が若干煩雑な部分があるので出来ればサマリーが欲しいか。

9.勇ヒノ!
・3~4人用、90~120分
【1日目-H017】蓑竹屋GAMES 公式紹介
重量級枠。勇者の装備を充実させていく、プロット型のマネジメントゲーム。
実際に装備カードをアバターに装着していって、見た目が豪華になるのが良い。
個人的には勇者が女の子だともっと嬉しかった。

10.エイジオブディサイプル
・3~5人用、30~50分 予約対応あり
【両日-B099】サザンクロスゲームズ 公式紹介
常時カツカツ借金スレスレやり繰りゲー。ハァハァするのが好きな人にオススメ。
本の回し読みシステムが面白く、弟子1が読み終えた本を弟子2へ…弟子3へ…と
連鎖的に繋がると大変気持ちが良い。本の回し読みという設定も、子供の頃友達同士で
週刊誌を回し読みしたノスタルジーに浸れて良い。
11:57  |  ゲムマ注目作  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.11.05 (Sun)

2017秋新作「京都エクスプローラー」のご紹介

くるおしいほど京都。
京都エクスプローラー箱

タイトル:京都エクスプローラー (BGG:KYOTO EXPLORER
ジャンル:セットコレクション
要点  :2~5人向け、15分、8歳以上向け
内容物 :ゲームカード30枚、スタプレカード1枚、説明書
頒布時期:2017/12/2 ゲームマーケット2017秋以降を予定
頒布価格:2000円予定(※イベント価格
グラフィック:TANSAN
イラスト:Arthur Deussen
英語翻訳:サイゴウ/Saigo
重量  :101g
※英語ルールあり(English rules included.)


イベント以外での購入方法に関して
ショップ委託の詳細はこちらをご確認ください。

《ストーリー》
京都観光のさなか、あなた達は此方とは異なる別の京都に迷い込んでしまいました。
(京都は不思議な場所なのでそういうことがよくあります)
元の世界に戻るには、京都各地の観光地を訪れ、京の神々の心を掴む必要があります。
いくつか提示されている観光ルートを下見し、時に行き先を切り替えながら、
コレだ!と思う自分だけの観光ルートを探し出しましょう。
京の神々を最も喜ばせるのは誰でしょうか?

《ゲームの概要》
人数+1(5人プレイ時のみ5)列のカードが裏向きで横に並べられています。
スタートプレイヤーから順に、「カードを見る」または「列を上下どちらかに動かす」を
好きな組み合わせで2回行います。あるいは、手番を行う代わりに、好きな横1列のカードを引き取って
プレイから降ります。これを繰り返していき、全員が自分のカードを獲得したならゲーム終了です。
全員のカードを公開し、得点計算で決着をつけます。

《アピールポイント》
京都の有名観光地が30枚ユニークで描かれた京都観光のためのゲーム。
京都に行く前に、京都旅行の夜に、京都のお土産にもってこい!
渋い点数ルールに、ちょっとしたメモリー要素がピリリと効いており、
まさに別世界へ迷い込んだ雰囲気を味わえます。
詳しいルールはこちら!

《備考》
・カードサイズはTCGサイズ(63×89mm)です。

2017.12.12追記
誤記報告
《カード裏面地図情報の誤り》
カード裏面に掲載されている地図情報の内、京都国立博物館の位置が誤っておりました。
正しくは右の図のようになります。関係各位には大変ご迷惑をおかけし、申し訳ありません。
ただし、ゲームプレイには支障がないため、修正版などの配布は予定しておりません。
予めご了承願います。
カード裏面誤り

13:13  |  『京都エクスプローラー』  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2017.11.05 (Sun)

2017秋新作「青春スパイラル」のご紹介

あの子に告白するのはこの俺(人格)だー!
青春スパイラル箱

タイトル:青春スパイラル (BGG:未)
ジャンル:ループ大富豪
要点  :2~6人向け、20~30分、8歳以上向け
内容物 :ゲームカード66枚、学年カード1枚、説明書
頒布時期:2017/12/2 ゲームマーケット2017秋以降を予定
頒布価格:2000円予定(※イベント価格
イラスト:シキリト
重量  :131g
※英語ルールないです


イベント以外での購入方法に関して
ショップ委託の詳細はこちらをご確認ください。

《ストーリー》
「大きくなったらお嫁さんになってあげる」、そんなありがちな約束をした男の子と女の子。
引っ越しで一度は離れ離れになった二人だったが、十年の月日を経て高校で運命の再会。
そして動き出す二人の時間。そう、傍から見ればこの恋は成就したも同然だ。
しかしトラブルは見えない所で起きるもの。
太く結ばれているように見えた赤い糸は、その実、男の子の中でバラバラに分かれていた。
彼は多重人格だったのだ…!
人格達はひとつの取り決めを行う。高校三年間で最も彼女と親密になれた者が告白し、
そしてその優れた人格に統合されようと。これは恋の行方と人格の生き残りを賭けた物語。
青春というのはぐるぐると渦巻いて、とかく一筋縄ではいかないものである――

《ゲームの概要》
手札を順に出していき、最初に手札が無くなったプレイヤーが勝ちという
大富豪タイプのゲームですが、パスする際に手札を交換する権利が得られます。
これを利用して、ゲーム中にどんどん手札を整えることができます。
ゲームは全体で三度行われ、1回戦・2回戦は前哨戦にあたります。
最後の3回戦に勝てば勝ちなので、それまでに手札を鍛え上げましょう!

《アピールポイント》
プレイヤーに個別のキャラを演じてもらうのではなく、同じ人物内の別人格として
遊んでもらうのは面白いのではないかと考えて作りました。
ただその設定はゲーム内で特に活かされてはいません
ゲームの決着方法はいくつかのパターンがあり、一部マニアの需要にも応えるべく、
BLエンドルートも用意されていてそこは完璧だと思います。
詳しいルールはこちら:

《備考》
・カードサイズはTCGサイズ(63×88mm)です。
11:50  |  『青春スパイラル』  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |