2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2011.04.24 (Sun)

白玉楼考察

RPG用のシナリオを考えるべく頭を捻ったり捻らなかったりしてる訳ですが、
知れば知るほどわからなくなってくるのが白玉楼関係。
正確に言うなら西行寺幽々子と西行妖にまつわる話。

はじめに前提をおさらいすると以下の通り。
・西行妖は人を死に誘う呪いの妖怪桜
・現在は幽々子の亡骸を媒介に西行妖を封印している
(正確には時間を止めている。このため幽々子の魂は成仏することなく亡霊として
 現世に留まり続けている。封印が解けるとこれまで止めていた時間が一気に流れるため、
 幽々子の体も魂も一瞬で消滅してしまう)
・西行妖はかつて幻想郷にあったが、後に冥界に移されている
・幽々子は西行妖の封印の詳細を覚えていない

まず幽々子の蘇生は西行妖の復活を意味します。
そういう意味では幽々子の魂(現在の幽々子)は鍵に相当すると言えます。
しかしそう考えると妙に感じてしまいます。なんで封と鍵をすぐ側に置いてるの?と。
こんな危険な管理方法はありません。
しかも妖々夢では鍵みずから封印を解こうとする始末。
(もっとも幽々子が封印を解ききる前に魂が揺らいでしまうので絶対に解けないようですが…)
最初は地縛霊的なかんじで幽々子が西行妖から遠くに行けないのかと思いましたが
緋想天では天子に会いに天界まで行ってるんですよね。
そして西行妖の方も冥界に移された実績があるため、移動出来ない訳ではない。
要するに西行妖も幽々子も場所の制約はないということです。
にも関わらずわざわざ互いに近くにいるってのはどういうことなの?と。

しかしこう考えることも出来ます。
冥界には基本的に死者の魂しか来ませんので、例えば西行妖の下を掘り起こして物理的に
封印を解いてしまう輩は現れないはずです。
とはいえ例外はいます。生身のまま冥界に入れてしまう霊夢達、ついでに住み込みの妖夢。
イレギュラーがいる以上対策を取るべきですが、肝心の幽々子も妖夢も封印のことを
知りません。仮に誰かが西行妖の下を掘り起こしても止めるかどうか…。
しかも現在は冥界と幻想郷を繋ぐ幽明結界は開けっ放し状態。つまり誰でも入れてしまう。
西行妖復活の危険性は以前よりも高まっていると言えます。

そうなってくると考えられるのは、西行妖の復活は幽々子の消滅以外は大した影響を
及ぼさないと見られているのではないかという可能性。
冥界に移した時点でもう西行妖の影響は人里には出ないということかも?
西行妖が復活することでもし人里に大量の被害が出るのであれば、八雲紫が幽明結界を
張り直さず、今の危険な状態を続けている意味がわかりません。
しかしそれはそれで八雲紫が友人であるはずの幽々子を見放している形に?

ここまで考えて最後に至るのは、妖々夢異変で幽々子が生前の記憶を取り戻したのでは、
という予測。これまで幽明結界があったのはむしろ幽々子を守るためであり、幽々子が
記憶を取り戻し自衛出来るようになった今、結界に価値がなくなった、と考えられます。

これで全ての辻褄は合ったはず・・・?
関連記事
22:05  |  東方  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yuofc2.blog72.fc2.com/tb.php/119-ea08af46

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |