2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.12.01 (Mon)

『GLOBETROTTER:世界を巡る旅行者』レビュー

販売:ジョイゲームズ&バネスト
作者:Silvano Sorrentino
2~5人向け、約30分
グローブトロッター プロジェクトページ

重厚大型:☆☆☆★☆:遊び易い
幸運頼み:☆☆★☆☆:戦略判断
独立気楽:☆☆★☆☆:絡み合い
安価素朴:☆☆★☆☆:高級豪華

総評:
円環状に並べた地域を回りながらゴールを目指すレースゲーム。
歩を進めるためのカードの出し方はウノ的(色か乗り物が同じなら出せる)で分かり易い。
1枚ずつのプレイではなく、制約さえ満たしていれば好きな枚数まとめて出す事も可能です。
ただし、出した枚数は前進と関係がなく、
最後に出したカードが次の目標地域と色か乗り物が同じなら1歩前に進めます。
もしくは手札をちょうど出しきった場合、次の地域と無関係に2歩進んで手札5枚補充。
もし、上記2つの条件を両方満たした場合、3歩進んで手札5枚補充、となります。
また、出し方の制約を一時的に無視できる「合鍵」というアイテムがあり、
同じ色を3枚連続で出す、あるいは同じ乗り物を3枚連続で出すともらえます。
他には、手札出しきり策を補助してくれる「駐車場」というルールがあり、
いらない手札を捨てる事も出来ますし、他の人が捨てたカードをそこから拾う事も出来ます。
先の目標地域は全て公開されているので、ある程度先の計画を考えながら手札を調整出来ますし、
合鍵や駐車場のルールも駆使すれば爽快なコンボを決めることも可能です。

ここまでルールだけ聞いてると色々出来そうですごく面白そうに聞こえるのですが、
実際に遊んでみるとだいぶ辛いゲームです。
先を考えて手札を調整する余地があるとは言っても、やはり引き次第で詰まってしまう場面があり、
下手をすると何手番も延々パスをし続ける苦しい状況が起こりえます。
しかもこのゲーム、ゴールした人からの距離差が得点になるため、
遅れれば遅れるほど先行組に得点を献上する事になります。これが最高に楽しくない
後ろが遅れてくれると前の人は助かるため、後ろの詰まりを解消するようなカードは
誰も駐車場に置かなくなります。そうすると駐車場システムが機能不全を起こします。
また、ゲームの特性上カードが固まりやすく、山をよく切らないと層が出来てしまいます。
ゲームの後半ともなると「層を引き当てた奴が勝つ」という度し難い展開があったり。
標準ルールではプレイ人数分ラウンドを繰り返して決着するように書かれていますが、
4人5人ともなると長引いて確実にダレますし、事故も起きやすくなります。
すっきり美味しくいただくには、人数によらず2ラウンド行うショートルールがお勧めです。
世界を巡る旅行というきらびやかなテーマなのに、中身はとてもギスギスしてます。

ここがスゴイ:
・先の展開を見越してコンボが組み立てられると超爽快
・カードを捨てられる駐車場ルールにより手札調整の余地が広い

ここがアカン:
・得点ルールの絡みで駐車場ルールが死にやすい
・駐車場が死ぬと合鍵ルールも死にやすい(というか弱者救済がゲーム中ほぼ無い)
・極端な点差が開く場合があり、一切勝ち目のない最終ラウンド現象が起こり得る
・楽しい時と楽しくない時が極端
関連記事
10:29  |  ゲームレビュー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yuofc2.blog72.fc2.com/tb.php/263-4cfa2a23

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |