2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.12.01 (Mon)

『パイレーツコード』レビュー

販売:かぼへる
作者:金子裕司
3~4人向け、約10分
パイレーツコード 公式ページ

重厚大型:☆☆☆☆★:遊び易い
幸運頼み:☆☆★☆☆:戦略判断
独立気楽:☆☆☆☆★:絡み合い
安価素朴:☆☆★☆☆:高級豪華

総評:
ゲームの概要を聞いた段階ではロストレガシーの二番煎じではないのか?と
あまり良い印象を持ってなかったのですが、
蓋を開けてみると実に上手くエッセンスが凝縮されており、感動しました。
基本は数当てゲームで、真ん中に伏せられている2枚の数字を最初に当てた人が勝ちです。
ゲームで使うカードに書かれてる数字は全て独立しているため、
どのプレイヤーも持っていない数字が即ち答えになります。
このためプレイヤーは互いの手札に対して聞き込み調査を行うのですが、
そこで、あえて自分の持ってる数字を聞いて、捜査を撹乱することも出来ます。
また、ゲーム中メモを取るのは禁止のため、得られたヒントは覚えておかなければなりません。
この情報量がちょうど覚えきれるか覚えきれないかの絶妙なラインで、
前述の撹乱と相まって、大海原に翻弄されている気分が堪能できます(テーマ通り!)。
さらに、カードセットを入れ替えて異なるバリエーションで遊べる拡張セットが
最初から同梱されており、長く楽しめるよう配慮されてる点も素晴らしい。

ここがスゴイ:
・記憶が怪しくなる絶妙な情報量で頭脳がフル回転
・ブラフを混ぜてみんなの思考をかき乱せる
・他のプレイヤーが数字を宣言して失敗した時は一転してチャンスに

ここがアカン:
・千里眼が割りとチート級
・逆に拡張の仮面/大盾は不便すぎる
・何回か遊んでると手札が事故る時がある(手札が全部同じカード)
 その状況でも戦えなくはないが、あまり楽しくはない
関連記事
11:48  |  ゲームレビュー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yuofc2.blog72.fc2.com/tb.php/265-cc6b7f5c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |